断熱性能

断熱性能も耐震性能と同じぐらい真剣に考える

松江の高断熱住宅の断熱材

住まいの最大の目的は「家族の生命と資産を守ること」です。地震などの外的要因だけでなく暖かい住まいも命を守るためには必要なことになります。その理由をお伝えさせていただきます。

国が定める水準以上の断熱性能を

健康と断熱の密接な関係

夏の暑さや冬の寒さに耐えることで体が強くなる、と言われていたのは一昔前の話です。最近では住環境が人の健康に与える影響についての研究が進み、寒い家は住む人の生命と健康をおびやかすことが証明されています。

図は厚生労働省が発表している人口動態調査データから作成しました。特に高齢者の場合、交通事故で亡くなる人の数よりも圧倒的に多くの人が家庭内の不慮の事故で亡くなっています。そしてこの事故の多くは冬場に発生しているのです。

従来の日本の住宅では局所暖房といって、人がいる部屋(居室)だけを温めます。結果、冬場に暖房の効いた部屋は25度以上であるのに対し、廊下やトイレ・脱衣室は10度以下と、15度以上もの温度差が生まれます。

例えば入浴の際には「暖かい居室 → 寒い廊下 → 寒い脱衣室で裸になる → 熱い湯に浸かる」という急激な温度変化を体験します。その結果、体に大きな負担がかかり、心臓発作や脳卒中を引き起こす「ヒートショック」のリスクが高まります。これは夜中に布団から出てトイレに行くときや、早朝の起き抜けも同様です。

寒い時期に家庭内での事故が増加する原因はこのヒートショックが大きく関係しています。

日本は「暖かい家後進国」

ヒートショックのリスクは世界ではずいぶん前から常識となっていて、多くの先進国では最低室温規定(18~22℃)が設定されています。それ以下の室温になるような住宅は健康リスクが高く、建ててはいけないことになっているのです。

しかし日本にはそのような規制がありません。日本は世界一の長寿国と言われていますが、介護なしで生活できる「健康寿命」は平均寿命よりも男女とも10年も短いことをご存知でしょうか。ヒートショックをきっかけに介護生活に突入するリスクをゼロにすることも、私たちの使命の一つだと考えています。

ZEHグレードを標準化。断熱性も耐震性と同じぐらい真剣に考える

日本は地震大国なので、家を建てるときに耐震性能を気にするお客様はたくさんいらっしゃいます。しかし地震と同じように死亡リスクがある「温熱環境」を気にする方は多くありません。私たちはこのような状況を危惧しています。

そこで当社では耐震性能と同じぐらい断熱性能を重視しています。

国が定める断熱基準を大きく上回る、「ZEH(ゼロエネルギーハウス)」や「G1グレード」を標準仕様とし、さらに「G2」「G3」にも対応していける技術を磨いています。※建物プランによっては、達成できない場合がございます

林谷工業の断熱性能UA値

家を高性能な断熱材で包み込み、窓枠や天井、壁や床の継ぎ目部分などの隙間を埋め、窓やドアなど開口部に断熱性能の高いアイテムを使用することで、高断熱・高気密の住宅を実現しています。

温めた空気を外に逃さない住宅を通じて、居室だけでなく家のどこにいても暖かく、快適で安心安全な住環境を提供しています。

断熱性能の高い住宅は家族の健康と生命を守るだけでなく、冷暖房費を抑えることで環境や家計への負担も抑えることができます。さらには健康を保つことで医療費や介護費の軽減にも大きく貢献しています。

だからこそ私たちは住まいの最大の目的である「家族の生命と資産を守る」ために、耐震性能と同じくらい断熱性能を重視した家づくりをしています。

G3対応住宅(例)