インスペクション

インスペクションとは、建物の「検査・調査」のこと。
新築時に行うインスペクションとしては、書面上(図面や仕様書)で建築許可を受けた建築物が、許可を受けた通りに現場が施工されているかをチェックします。
各工程でインスペクションが終わらないと次の工程には進めません。また、インスペクションを終えないと建物は使用できず、住宅ローンなどの融資もおりません。
日本の場合、概ね「中間検査(構造が中心)」と「完了検査」の2回程度行われることが一般的です。
また、別途で品確法による性能検査制度を申し込み詳しい検査を行うこともあります。


 

林谷工業のインスペクションは“3つのPoint+2(プラスツー)”
お施主様向けサービスガイド

独自の基準づくりの重要性

家づくりをする上で、実は建築基準法で定められている法令はわずか9%程度にすぎず、職人や現場管理者の人的裁量にゆだねられている、指針のない領域です。当社では、法令が定まっていないグレーな領域にもしっかり自社基準を設けて施工をしています。

品質のばらつきをなくす施工マニュアル

自社の基準を『標準施工手引書』としてまとめ、設計・現場管理のスタッフはもちろん、強力業者と常に共有しています。これには施工の手順や許容範囲が明確に表記されているので、現場管理者や職人の経験やスキルに左右されず、統一した見解や判断のもと施工品質のばらつきが無い住宅を提供することができます。

後戻りできないタイミングで現場をチェック

現場管理で一番大切な役割は、これ以上工事を進めてしまうと手直しできない主要なタイミングでしっかりチェックすることなのです。もしそこで基準に適合しないところがあればきっちり改善し、次の工程へと進みます。これは「検査」ではなく「監査」という一段上の品質管理の仕組みなのです。

 当社の第三者監査は、主要瑕疵工程(①,③,④,⑤,⑥,⑩)の6回工程を必須としています。

現場施工をよりスムーズに、より品質を上げるために現場情報共有システム「ダンドリワーク」を導入。さらに、林谷工業とお施主様を繋ぐ新たなコミュニケーションツールとして「いえレコ」も導入しています。お施主様と現在の工事状況などの情報を共有。現場の見える化により、お施主様も安心です。

現場監査記録書の発行

現場監査記録書現場の工程記録を一冊にまとめて、建物完成後にお施主様にお渡しいたします。将来、建物のリフォームや売却時にも非常に有効な価値ある一冊をご提供致します。

基準に沿った品質管理が適切に行われているかを監査

お施主様からの信頼と安心を担保するため、品質管理が自社で適正に実施されているかどうかを、監査項目書(チェックリスト)に基づき厳しくチェックしています。第三者の監査機関からの定期的な監査報告・データをもとに、日々現場の改善、社内・協力業者のスキル向上を行っています。

監査項目書

〇監査項目書

住宅品質に関わる主要工程ごとにチェックすべき項目をまとめたものが「監査項目書」です。

施工品質監査済証

〇施工品質監査済証

第三者監査を実施した住宅には、証として施工品質監査済証が発行されます。

無償メンテナンス【2年間】

引渡後2年間に発生した住宅の不貝合に対し保証の範囲内において
国数制限なく何度でも無償でメンテナンスを対応します。

24時間365日の緊急駆け付けサービス【10年間】

“いざっ!”という時に“年中無休・24時間対応"で、緊急対応が必要な‘‘水廻り+鍵+ガラス破損+エアコン・給湯器"のトラブルの応急対応サービスを提供します。また、どのような用件も一次受付します。

林谷工業のサポートシステム【10年間】

引渡しから
5年
<維持管理点検>

引渡しから2年・5年・15年の計3回、
主にサッシや建貝,各部屋、仕上などを中心に目視点検を実施します。

【検査箇所】
●基礎 ●外壁 ●屋根 ●バルコニー
●外部窓 ●内装 ●建具 ●設備

点検結果を住宅事業者様へ報告します。

引渡しから
10年
<維持管理検査>

引渡しから10年目には、目視に加え
必要に応じて非破壊機器による
検査を実施します。

【検査箇所】
●基礎 ●外壁 ●屋根 ●バルコニー
●外部窓 ●内装 ●建具 ●設備 ●柱・梁
•小屋裏 ●軒裏 ●床組
●非破壊検査(赤外線サーモグラフィ等による調査が必要な場合)

まもり住まい保険

新築住宅お引渡し後、雨漏りや住宅の傾きなどの
瑕疵(欠陥)が発見された場合、補修費用をサポートする住宅保証保険。
「住宅瑕疵担保履行法」に対応しています。
せっかく建てた新築住宅に、雨漏りや住宅の傾きなど住宅の基本構造部分に瑕疵(欠陥)が発見されたら…。
住宅事業者は、引渡しから10年間、確実に住宅保証を行うことができるように「住宅瑕疵担保履行法」では、あらかじめ「保険」か「供託」によりあらかじめ資力を確保することが義務付けられています。
「まもりすまい保険」はこの住宅瑕疵担保履行法に対応した安心の住宅保証保険です。

新築住宅に万が一、瑕疵(欠陥)が発見された場合、補修費用等を住宅保証保険がサポートします

新築住宅のお引渡しから10年間に、住宅品質確保法で定められた基本構造部分(構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分)に雨漏りや住宅の傾き等の瑕疵が発見された場合、住宅事業者が負担する補修費用に対して保険金が支払われます。
住宅事業者が倒産していた場合、直接お客さまに補修費用が支払われます。住宅事業者との間でトラブルがあった場合でも、専門の紛争処理機関が利用できます。

工事中に専門の検査員が、現場検査をするので安心!

「まもりすまい保険」では設計施工基準を定めています。住宅保証保険に加入される住宅は、この基準に基づき、工事中に専門の検査員(建築士)による現場検査が行われます。

保険が利用できる安心の住宅事業者を検索できます。

「まもりすまい保険」の申込手続きは、住宅事業者が行います。

自社 短期住宅保証制度(メンテナンス住宅保証制度)を導入しているので、住んでからも安心!

住宅のお引き渡しから2年間のアフターメンテナンス住宅保証制度を導入しています。

登録会社

JIO我が家の保険 株式会社 日本住宅保証検査機構
まもりすまい保険 住宅保証機構 株式会社
ハウスGメン 株式会社ハウスジーメン