不動産を売りたい方へ

このようなお悩みはありませんか?

  • 住宅を相続したが、不要なので売却したい。
  • 引っ越してもとの家は空き家になったが、古い家なので借り手もいない。
  • 住宅を買ったが、住宅ローンが支払えない。
  • 不動産仲介会社に希望価格を言って売出したが、なかなか売れない。
  • 住宅を売りたいが、住宅ローンの残債がある。

仲介も買取も

あなたの大切な不動産を売却するには「仲介」と「買取」の二つの方法があります。それぞれメリット/デメリットがありますので、あなたの状況や要望に合わせてお選びいただけます。

もちろん「どちらの方法が良いのか分からないので相談したい」「最初は仲介で様子を見て、難しそうなら買取に切り替えたい」などのご相談も可能です。

買取のメリット

あなたの大切な不動産を売却するには「仲介」と「買取」の二つの方法があります。それぞれメリット/デメリットがありますので、あなたの状況や要望に合わせてお選びいただけます。

ここでは買取のメリットをご紹介いたします

早く売却したい

仲介での売却はいつ売却できるかが分かりません。

買取であれば、弊社が査定、契約、決済までをスムーズに進めるので、すぐに売却したい!現金化したい!という方におすすめです。

売却することを知人に知られたくない

仲介での売却は広告活動をして購入者を募ります。その過程で「債務返済」「相続」「離婚」など地域の人には知られたくない理由でも開示しなければいけない状況になることがあります。

買取であれば、売却の理由を第三者に話すことも、そこから話が漏れる心配もありません。

一般の人に内覧に来てほしくない

仲介での売却は、不特定多数の購入希望者が内覧に訪れます。そのたびに在宅して家の中を案内しなければならず、いろいろなストレスが生じがちです。

買取であれば、一度の査定で済むため、内覧のストレスは限りなくゼロに近くなります。

売却後の建物の不具合に責任を負いたくない

仲介での売却は個人間の取引になります。売却後でも売却時に気づけなかった補修箇所等(不適合)が見つかった場合は、責任を負わなければならないリスクは残ります。

買取であれば、上記のようなリスク(不適合責任)が無いので売却後も安心です。

面倒な手間をかけず売却したい

仲介だと複数回の内覧、いつ売れるのか分からないストレス、買主側の都合でスケジュールや手続きが進みがちだったりと、いろいろと面倒ごとがついて回ります。

売却であれば、可能な限り売主側のご要望に合わせて進めることも可能です。

お問い合わせフォーム

    必須売却を検討している物件について教えてください
    任意わかる範囲でご希望や物件について教えてください
    任意売却希望物件の住所
    必須お名前
    必須フリガナ
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須ご住所
    必須メールアドレス
    必須電話番号

     お申し込みについてプライバシーポリシーに同意して申込みます

    関連事業